感動ハウス スタッフブログ

感動の日々」スタッフブログ

キッチンの形やレイアウトはどれがオススメ?それぞれのメリット・デメリット

キッチンの形やレイアウトはどれがオススメ?それぞれのメリット・デメリット

「アイランドキッチンがおしゃれでいいけど、使い勝手はいいのかな?」

「料理を作りながら家族とコミュニケーションが取れるキッチンがいいけど、形はどれいがいいの?」

毎日の食事を作るために使うキッチンの形やレイアウトは重要です。家族や自分のスタイルにあった使い勝手がいいものを選びたいですよね。しかし、種類が多いため迷う人も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、それぞれの特徴やメリット・デメリットについてご紹介します。記事を参考にして頂き、家族や自分に合うキッチンを選択してみてください。

【コラムでわかること】

  • ・キッチンのレイアウトのメリット・デメリットがわかる
  • ・キッチンによってどんな人にオススメなのかがわかる
  • ・キッチンの形の特徴がわかる

キッチンのレイアウト3種類のメリット・デメリット

キッチン セパレート型

キッチンのレイアウトには3種類あります。それぞれのメリット・デメリットやオススメの人の条件をご紹介します。

オープン型キッチン

オーブン型キッチン

栃木県栃木市 N様|注文住宅の施工実例|感動ストーリー

オープン型キッチンとは、キッチンの横にも前にも壁がなくリビングと仕切らずに一体化させるキッチンのことです。

・メリット

壁がないので開放感が抜群です。また、キッチンの両側に壁がないため動線もしっかり確保できており、家族が多くキッチンとリビングを行き来する回数が多い場合でもスムーズに移動することができます。

その他、リビングと一体化しているのでキッチンで料理しながらも家族とコミュニケーションがとりやすいのがメリットです。

・デメリット

壁がないことで料理による煙や油のにおいがリビングに充満しやすいというデメリットがあります。また、リビングからキッチンが見えやすいという特徴があります。

調理道具や家電製品など来客したお客さんが見てしまうことを前提に整理整頓を心がける必要があります。整理整頓ができていない場合「おしゃれなキッチン」ではなく「生活感が出てしまうキッチン」になってしまいます。

こんな人におすすめ

  • ・開放感があって家族と会話を楽しみながら料理したい人
  • ・おしゃれでワンランク上のキッチンにしたい人
  • ・整理整頓が得意で魅せる収納などができる人

クローズドキッチン

クローズドキッチンは、オープン型キッチンとは反対で前、横、後ろの3方向が壁で囲まれているキッチンのことです。

・メリット

リビングとは別空間になりますので、料理に集中することができます。また、料理によるにおいや煙がリビングにいきにくのがメリットです。

・デメリット

リビングにいる家族とのコミュニケーションがとりにくく孤独感を感じやすくなります。また、リビングにあるテレビを眺めながら料理をしたり、子どもの様子を確認しながら料理するということもできません。

・こんな人におすすめ

  • ・料理に集中したい人
  • ・片づけが苦手でリビングからキッチンを見られたくない人
  • ・リビングににおいや煙が充満して欲しくない人
  • ・雨の日などに衣類を部屋干しする人

セミオープン型キッチン

セミオープン型キッチン

栃木県真岡市 G様|注文住宅の施工実例|感動ストーリー

セミオープン型キッチンは、オーブン型キッチンとクローズドキッチンの中間になります。横と後ろには壁がありますが前がオープンになっています。前部分に吊戸棚をつけるかつけないかでも印象や使い勝手が変わってきます。

メリット

料理をしながら家族の様子を確認できたり、会話してコミュニケーションをとることができます。また、リビングにお客さんが来客しても見えにくい箇所が多いため安心です。

・デメリット

料理中のにおいや油はリビングに多少入ってしまうデメリットがあります。

・こんな人におすすめ

  • ・家族と会話したりテレビを見ながら料理したい人
  • ・子どもの様子や安全などを見守りながら料理をしたい人
  • ・手元の作業スペースやリビングから見えないような場所を確保したい人

キッチンの形や特徴

キッチンの形とそれぞれの特徴をご紹介します。

アイランドキッチン

アイランドキッチン

茨城県東茨城郡城里町 K様|注文住宅の施工実例|感動ストーリー

アイランドキッチンは周りに壁がなくリビングと一体化している形です。そのため、料理の配膳がしやすく、家族とコミュニケーションがとりやすいのが特徴です。

また、どのメーカーでもアイランドキッチンは「おしゃれ」なものが多く、リビングの雰囲気に合わせて「高級感を演出」させることができます。「ワンランク上のキッチン」を選択するならアイランドキッチンがオススメです。

しかし、アイランドキッチンは「リビングの主役になってしまうほど存在感」があります。そのため、お部屋の模様替えや家具のレイアウトを変える際にキッチンが邪魔になってしまうこともあります。

ペニンシュラキッチン

ペニンシュラキッチン

茨城県筑西市 S様|注文住宅の施工実例|感動ストーリー

ペニンシュラキッチンとは、アイランドキッチンと似ていますが壁に片方がくっついている形です。アイランドキッチン同様におしゃれで高級感があります。

また、アイランドキッチンほどスペースが必要ではないため、一般的な広さの間取りでも設置しやすいキッチンになります。

「おしゃれ」や「高級感」、「開放感」や「設置しやすさ」などバランスがよいキッチンです。

I型キッチン

I型キッチン

I型キッチンは一番使用されている一般的な形です。クローズドキッチンにもセミオープン型キッチンにもどちらにも適用できます。場所をとらずに設置できるためキッチンスペースが狭くても対応することができます。

また、セミオープンにした場合に調理スペースの前にある腰壁の高さを調整することで手元を隠したり、コンセントを設置したりすることができます。

アイランドキッチンやペニンシュラキッチンと違ってキッチン周りの生活感を隠せるというメリットがあり「日常的な使い勝手に優れている」のが特徴です。

L型キッチン

L型キッチンは料理中の移動を少なくできるというメリットがあります。「効率的に料理したい人」に向いています。ただし、I型キッチンよりはキッチンスペースが必要になります。また、L型のため角の収納スペースが使いにくいというデメリットもあります。

U型キッチン

U型キッチンは名前の通り、アルファベットのUのような形です。一般的にあまり見ない形になりますが、収納スペースも調理スペースも広いため、料理が趣味な人に向いています。

Ⅱ型キッチン(セパレート型)

Ⅱ型キッチン セパレート型キッチン

栃木県宇都宮市 I様|注文住宅の施工実例|感動ストーリー

Ⅱ型キッチンは前と後ろに調理スペースが別れている形です。そのため、L型キッチン同様に料理中の移動が少なくなります。

また、作業スペースが広く確保できるため家族が多いご家庭やホームパーティーをする場合などに適しています。

注意点として、料理中に後ろを振り返る動作をすることがあるため、フライパンなどの持ち手部分にぶつかってしまわないようにコンロを設置する位置に注意が必要です。

また、シンクとコンロが別れているため、シンクで洗った野菜をコンロに置いてあるフライパンに移すときに水が床に垂れてしまうこともあります。

まとめ

キッチンの形や種類は多く毎日利用するからこそ悩んでしまいますよね。ですが、それぞれの特徴やメリット・デメリットを把握することで、住宅の間取りや広さ、自分や家族のスタイルにあったキッチンを見つけることができるかと思います。

注文住宅でのキッチンのことなら「感動ハウス」にご相談ください

「感動ハウス」では、家族が「しあわせ」になれる家づくりのお手伝いをさせていただきます。

「茨城県」「栃木県」を中心とした注文住宅を承っており、各県に展示場もあり実際に見て体感してもらうことができます。

・茨城県「筑西展示場」「土浦展示場」

・栃木県「インターパーク展示場」

ぜひ一度お気軽にご連絡またはご来場ください。

住宅展示場・モデルハウスのご案内

お問い合わせ

資料請求

ページの先頭へ