感動ハウス スタッフブログ

感動の日々」スタッフブログ

【おうちコラム】レンジフードの正しいお手入れ方法

こんにちは!茨城県・栃木県の感動ハウスです(^O^)

家は建ててからがスタート!
当社で建てた家で長く快適に暮らしていただくためにも、日々のお手入れが重要です。
今回はレンジフードのお手入れ方法をご紹介します!

3か月に1度のお手入れ
 まず、お手入れの前に必ず電源を切ります。フィルターやシロッコファン(またはプロペラ)など取り外せる部分は取り外し、汚れをチェックします。全体にぬるま湯をかけて汚れをゆるませ、台所用の中性洗剤を含ませたスポンジで拭きます。落ちにくい汚れがある場合は、歯ブラシでこすると落としやすくなります。
取り外せない部分は、こびりつく前に拭き取るのが賢い方法。ぬるま湯で軽く絞った布で拭き、汚れを緩ませた後、薄めた台所用中性洗剤を含ませて汚れを拭き取り、水拭き、乾拭きをします。

半年の1度のお手入れ
まず、お手入れの前に必ず電源を切ります。取り外せる部分は台所用中性洗剤を溶かした35~40℃のお湯に20~30分つけ置きし、汚れをゆるませます。こびりついた汚れは木ベラでこそげ落とします。汚れがゆるんだら、スポンジに台所用中性洗剤をつけて力を入れずに円を描くように磨きます。拭きにくい場所は、クリームクレンザーをつけた歯ブラシでこすります。歯ブラシの先に付着する油汚れは、ペーパーなどで拭き取ってください。最後に、柔らかいスポンジに台所用中性洗剤を含ませて泡立てながら残った汚れをからめ取り、水拭き、乾拭きをします。それでも取れない頑固な汚れは、スポンジで磨く、歯ブラシでこするを2~3回繰り返してください。
取り外せない部分は、湿布をしてから汚れを取ります。ぬるま湯で薄めた換気扇用の弱アルカリ性洗剤をキッチンペーパーにつけ、フードなどの取り外せない部分に貼りつけます。15~30分くらい湿布すると油汚れが浮き出てくるので、ペーパーごと拭き取ります。ぬるま湯で薄めた台所用中性洗剤をスポンジに含ませ、残った汚れを取り去り、水拭き、乾拭きをします

各部の構造、取り外し方はレンジフードのタイプによって異なりますので、取扱説明書をよく読んでから作業してください。また、お掃除前には電源を切る、コンセントを抜くことをお忘れなく!

ページの先頭へ