感動ハウス スタッフブログ

感動の日々」スタッフブログ

【家づくりコラム】暮らしやすい動線、どこにどんな工夫が必要?

こんにちは!茨城県・栃木県の感動ハウスです(^O^)

当社の家づくりで、特にこだわっているのが「動線」を考えた設計です。

今回はその「動線」について、どこにどんな工夫をしているのか、実際の間取りを見ながら解説していきます!

●参考プラン①

こちらの間取りは、水回りを集約していることがポイントです。

水回りを集約することで、料理や洗濯などの家事がスムーズです。

玄関から洗面所への動線も短く、帰ってきてすぐに手洗い・うがいができます。

キッチンからはパントリーを通じて、洗面所・浴室につながっています。

キッチン用品や洗面用品など、ひとつのパントリーにストックできるのでお買い物後の片付けも楽チンです。

●参考プラン②

こちらは洗面脱衣所にランドリースペースをつくった例です。

脱いだ服を洗濯し、それらを干し、しまうところまで、ひとつのスペースで完結します。

洗濯機は1階、干すのは2階のベランダ、しまうのは各部屋に⋯という散らばりがちな洗濯の動線を、ひとつの場所にまとめています。

室内干しの場所をつくることで、梅雨時期や花粉の時期、夜間のお洗濯でも安心です。お部屋に洗濯物がたくさん干してある⋯ということもなく、お部屋はいつでもスッキリ保てます。

動線がしっかり考えられているか、お客様のライフスタイルに合っているかは、家づくりにおいてとても重要です。

当社ではお客様に最適な動線の間取りをご提案させていただくために、ご希望される暮らし方や普段の生活を細かくヒアリングさせていただきます。

小さなことでもお気軽にご相談ください!

ページの先頭へ