感動ハウス スタッフブログ

感動の日々」スタッフブログ

暖かい家をたてるのに大切な3つのポイント

「冬でもぽかぽかに暖かい家に住みたい」

「廊下にでたときに寒い思いをしたくない」

新築の家を建てるのでしたら、冬にも過ごしやすいような暖かい住宅を欲しいと考えるもの。必須条件に寒さ対策を上げる人も少なくないでしょう。

暖かい家にするためには、構造からポイントを押さえた建築が必要になります。

今回の記事では、暖かい家をたてるのに大切な3つのポイントを紹介していきます。これから新しい住まいを検討している方はぜひ参考にしてください。

記事を読むことで、以下のことがわかります。

・「高断熱」「高気密」「換気」の3つが暖かい家に欠かせない理由

・暖かい家にすることで自由な間取りを実現できる理由

・弊社での取り組み

 

暖かい家にするためのポイント

冬場にいつでも暖かい構造の家であれば、辛い冬でも快適にすごせるもの。では「暖かい家」はどのようにすれば建てられるのでしょうか。

「暖かい家」にするためには大切な3つのポイントがあります。それではそのポイントについてこれから詳しく確認をしていきましょう。

ポイント①:高気密

〜高機密にこだわった施工事例はこちら〜

高気密とは、密閉されていて、外の気圧に左右されない状態のことを指します。そして高気密住宅とは外部との隙間をできる限り埋めている住宅のことです。

高気密住宅にするためには、建築のとき発生しがちな小さい隙間を建築素材や防湿シート、断熱材、気密テープなどを使用し、埋めていきます。

ちなみに気密が悪い状態の家だと、家のなかの空気が外に漏れます

暖房で室内を暖めても、外の寒い空気と混ざり、結果暖かくならないことも。また外の湿度を含んだ空気を取り入れることになり、カビの発生が起こるケースもあります。

ポイント②:高断熱

〜高断熱施工の施工事例はこちらから〜

断熱とは、熱を逃げにくくすることです。

つまり高断熱の住宅とは、壁や窓から熱が逃げないように工夫が施されている住宅のことを指します。壁のあいだに断熱材が用いられていたり、断熱性の高い窓を使用しているなどの工夫で熱を逃さないようにしています。

この高断熱の住宅であれば、冬だけでなく夏も快適に過ごせます。クーラーを効かせた室内の涼しい空気をできるかぎり外に逃すこともありません。

ポイント③:換気

換気は高気密・高断熱と合わせて暖かい家をつくるうえで大切なことと言えるでしょう。

住宅における換気の役割は、建物ないにある有害な物質を外に出すこと、そして外の新鮮な空気を室内に取り込み有害な空気を薄めることです。

室内の有害物質の濃度が高くなっても、感知することがとても難しいです。

人は自分自身では空気中に有害なものがあることに気づけません。健康に生きるためにも換気は大切といえるでしょう。

2003年には改正建築基準法により全ての住宅に24時間換気システムを設置が義務付けられました。

この24時間換気システムとは、窓を開けなくても換気ができる仕組みのことを指します。24時間換気システムにはいくつか種類があり、住宅に適したものを選ぶようにしましょう。

暖かい家は、間取りの自由度が上がる

断熱性・気密性が高く、そして換気が優れている家であれば間取りをより自由にすることができます。

もし断熱性の低い住宅であれば、いくら部屋を暖めても暖かさが逃げてしまいます。そのため、部屋を細かく区切り暖房をする必要があり、間取りの自由度が低くなるといえるでしょう。

では、暖かい家ではどんな間取りにできるでしょうか?

吹き抜け

【この住まいを含んだ施工事例はこちらから!】

「吹き抜け」は暖かい家だからこそできる間取りと言えるでしょう。

ちなみに吹き抜けとは2階以上ある建物で、階をまたがり連続した空間のことを指します。たとえば1階の天井部分と2回の床の部分がなく、繋がっている場所のことです。

この構造であると暖かい空気は上に向かい、足元には寒い空気が入ってきます。そのため、もし十分な気密・断熱の性能が住宅になければ、暖かい空気がすべて上から外に出てしまいます。せっかく暖めても、部屋中がずっと寒いままになるでしょう。

暖かい家であれば、吹き抜けのような間取りであっても、冬場も部屋が暖かく快適に過ごすことができます。

【メリット】部屋ごとの温度差が小さくて済む

部屋によっての暖かさの違いが少ないのは暖かい家のメリットと言えるでしょう。「いつも暖房を効かせているリビングから、トイレに移動するのが辛い」といった悩みも少なくなります。

寒い家であれば部屋の温度差が原因で、ヒートショックが起こることも…。暖かい家にすることで、安心で健康な生活を送ることができるでしょう。

【新築】感動ハウスでは暖かい家を提供しています

感動ハウスでは、暖かい家をつくりあげています。これから弊社のおこなっている「暖かい家」にするための方法について説明していきます。

断熱材を選べる

暖かい家を建てるときには、断熱材を選ぶことが大切です。そこで感動ハウスでは複数の断熱材をご用意しています。

【ご用意している断熱材】

・ロックウール…弊社の基本の断熱材。人造鉱物繊維であり、燃えにくく火にも強い。

・セルロースファイバー…新聞残誌が主原料のリサイクル製品。撥水処理・防音処理がされている。

・高性能グラスウール…ガラスが主原料。リサイクル製品であり、20年以上の耐久力がある。

お客さまの希望に沿った断熱材を選ぶことができます。
要望を伺ったのち、希望に沿った断熱材をご提案いたします。

ZEH

ZEHとはネット・ゼロ・エネルギー・ハウスの略称です。簡単に説明をすると、このZEHとは自家発電したエネルギーで家で消費するエネルギーを全てまかなう住宅を目指すことになります。電気代が安くなり快適な家にすることができます。

ZEHを実現するためには、高断熱が欠かせません。

感動ハウスはZEH対応ビルダーとして住まいづくりを進めています。

キャンドゥヒーター

【引用:https://www.kandohouse.com/guarantee/trust/】

「Cando Heat」は 0.2mm床暖シートです。

より快適な暖かい家にするために作り上げられています。断熱シート部分の保証は20年、コントローラーの保証は7年。長期保証をお約束しています。

暖かい家を検討しているのでしたら感動ハウスにご相談ください

今回の記事では、暖かい家にするために大切なポイントを3つご紹介しました。

暖かい家にするためには「高気密」「高断熱」「換気」が欠かせない要素になります。もし暖かい家を立てたいのでしたら、この3つを押さえた住宅会社を選びましょう。

弊社、感動ハウスは暖かい家をつくるための技術が揃っているため、問題なくお受けできます。

「どんな家が建てられるのかな?」

「細かい部分を確認したい」

とお思いの方はぜひ弊社の展示場にお越しください。

茨城県には「筑西展示場」「土浦展示場」の2つがあり、栃木県の河内郡には「インターパーク展示場」がございます。

ご自身の目でどんな住宅が建てられるのかをご確認ください。

↑こちらから来場予約ができます!↑

ページの先頭へ